2017年度 ビジネス現場における決断科学

シラバス

授業科目名

決断科学特別演習

講義題目

ビジネス現場における決断科学

授業科目区分

選択科目

開講年度

2017

開講学期

通年(前期・後期)

曜日時限

隔週開講予定、受講者と相談して決定

必修選択

選択

単位数

2.0

担当教員

Qian Kun(錢 琨)

対象学部等

決断科学大学院プログラム学生

対象学年

全学年

開講地区

箱崎・伊都キャンパス

履修条件

なし

授業概要

研究や行政の現場における決断とは違い、ビジネス現場における個人や組織は、1日の仕事で数多くの「決断」を下す必要があり、意思決定の過程はもっとスマートであり、スピードが求められる。本授業はビジネス現場における意思決定の方法を学ぶために、下記2つのアプローチから実際にビジネスの現場にアクセスし、ビジネス特有の「決断」のノウハウを学ぶ。

1.ビジネスの現場を作る-九大発ベンチャーを立ち上げる。

2.ビジネスの現場に入る-企業に訪問し、インターンを行う。

授業の主軸は上記2点であるが、企業経営の基礎、産業構造や商習慣(日本/海外)など、ビジネスを知るための授業(座学/Case Study)も行い、本プログラム修了後ビジネスの世界に入るための基本知識を学べる。

全体の教育目標

・  アカデミアの世界と違うビジネスの世界はどういうものかを知ってもらう。

・  学術的/研究的な「決断」とビジネス現場で行う「決断」の違いを実感してもらい、「決断科学」の教科書を書くための新たな材料を発見してもらう。

個別の学習目標

・  ビジネスに関する基礎知識を学び、ビジネスの世界も語れる人になる。

・  ビジネス現場の「決断」の方法を学び、それと個人の専門分野における「決断」の違いと、それぞれの合理性と改善すべきところを考える。

・  アカデミアの世界でもビジネスの世界でも生きて行ける人材になるための必要最低限の武器を身につける。

授業計画

<座学演習>

1. ビジネス思考法(ロジカルシンキング・ビジネス的問題解決)

2. 企業経営基礎

3. 日本と世界のビジネスマナー

<Case Study

4. ビジネスケーススタディー

5. 九大発ベンチャーの設立に向けたシミュレーション

<現場実習>

6. ビジネスの現場を作ろう(九大発ベンチャー設立のための指導)

7. ビジネスの現場に行こう(企業訪問やインターン)

キーワード

ビジネス、経営、起業、ベンチャー

授業の進め方

座学、グループ演習、シミュレーションゲーム、現場実習

テキスト

適宜配布

参考書

適宜案内

学習相談

メールや面談

試験/成績評価の方法

演習や実習での表現により総合的に判断して行う。

その他

なし