2019年度シラバス(学際性科目)「健康:問題解決セミナーⅢ-Ⅴ」

問題解決セミナーⅢ-V

授業科目名

問題解決セミナーⅢ-V(健康モジュール)Problem Solving Seminar Ⅲ-V

講義題名

 

授業科目区分

学際性

開講年度

2019

開講学期

通年(前期・後期)

曜日時限

随時(隔週)、コアは水曜日(3限)もしくは木曜(4限)1

必修選択

必修

単位数

2.0

担当教員

錦谷、横田、菊地、杉本注2

対象学部等

決断科学大学院プログラム・健康モジュール学生

対象学年

博士課程学生(後期のみ)

開講地区

伊都および馬出

履修条件

プロジェクトZ(国際共同研究I/Ⅱ、海外研修)に参加する学生は必ず受講の事

授業概要

健康科学の基礎を理解し、健康モジュールのフィールドでプロジェクトを実施する。

全体の教育目標

健康モジュールのプロジェクトZ(国際共同研究)を推進するために必要な知識、態度、研究スキルを習得し、研究プロジェクトを立案、計画、実施、報告する。

個別の学習目標

・疫学もしくは社会学的視点から医療・健康サービスの問題点を発見する。

・地域環境と住民生活の関連に配慮し、問題解決のためのプロジェクトを立案する。

・プロジェクトの実施計画を立てて、関係者と調整し、プロジェクトの実施準備をする。

・プロジェクト実施後の成果をまとめ、関係者および社会一般へ報告する。

授業計画

(順不同)

・熊本地震と阿蘇山噴火の原発リスクについて(京大阿蘇火山センター大倉教授)(S)4/17

・国際共同研究報告会(前年度分発表予定:Sampa、孫)(M)4/24

・アジア・オセアニアにおける健康課題(シンポジウム7/10-11)研究教育機構主催(Y)

 

・久山町の健診の事後学習(K)

・プロジェクト・サイクル・マネジメントの基本演習(K)

・貧困と行動科学(M)

・途上国におけるフィールド疫学調査とトランスディスシプリナリー研究 The field epidemiological study and transdisciplinary research in developing countries (Y) 

・ソーシャルビジネスの基本と展開(タイにおけるソーシャルビジネス現地実習からの教訓(Y)

・持続可能なPHCソーシャルビジネスモデル構築へ向けての産学官連携(Y)

・D1プロジェクト検討会(発表予定:沖)(K)

・災害時医療について(京都大学)(S)

国際共同研究報告会(前期分)(M)

・病院見学/医療とデータサイエンス/疾病管理事業について/福岡市の公衆衛生事業について 中島(1月頃の予定)

・未定(K)

・未定(S)

 

キーワード

ヘルスサービスリサーチ、ソーシャルビジネス、情報通信技術、健康診断、疫学、アジア新興国、超高齢社会、人と動植物との共存、無医村、災害医療、Telemedicine

授業の進め方

教員による講義とそれに基づく演習をおこなう。

テキスト

なし

参考書

なし

学習相談

随時

試験/成績評価の方法

プロジェクトの作成と報告(発表&/レポート)、セミナーへの出席、参加態度(クラスへの貢献度)

その他