2017年度 災害モジュール国内実習(東北・熊本)

2017年度 災害モジュール国内実習(東北・熊本)

授業科目名

決断科学特別演習

講義題目

災害モジュール国内実習(東北・熊本)

授業科目区分

選択科目

開講年度

2017

開講学期

通年(前期・後期)

曜日時限

担当教員と相談の上、受講生各自の都合に合わせて開催する。

必修選択

選択

単位数

2.0

担当教員

災害モジュール教員

対象学部等

決断科学大学院プログラム学生

対象学年

全学年

開講地区

東北・熊本

履修条件

特になし

授業概要

 

全体の教育目標

東日本大震災や熊本大震災で被害を受けた地域の復興の現場を訪れ、災害の被害をおさえる防災、地域の価値や防災機能が高く持続性の高い地域をつくるための復興等のあり方について、地域の方々にヒアリング調査したり、現地でのボランティア活動に参加したりしながら各自の考えを養うことを目的とする。

個別の学習目標

 

授業計画

(1)事前準備

・  実習における基本的な留意点の確認

・  行程の検討への参加/行程の確認

・  調査目的や調査内容の検討への参加

・  調査報告書の構成や執筆分担者の検討  等

(2)実習当日

・  現地調査の実施(現地視察、関係者へのヒアリング、ボランティア活動等)

・  学生と教員によるディスカッション

・  調査日誌の作成            等

(3)まとめ

・  現地の問題解決に有効であると思われる科学的アプローチとその有効性に関する考察

・  調査報告書の作成(分担執筆)

キーワード

大規模被災地、復興、防災、災害意識

授業の進め方

受講生と相談の上、キャンパスでの打ち合わせ、現場への参加、セミナーへの参加を通じて実施する

テキスト

なし

参考書

学生の希望に応じて随時紹介する

学習相談

随時受け付ける

試験/成績評価の方法

参加実績と成果による