鈴木 大's profile picture 鈴木 大

Administrator of 決断科学

About me

鈴木 大's profile picture

鈴木 大 (すずき だい) 博士(理学)

九州大学 持続可能な社会のための決断科学センター 助教

〒819-0395 福岡市西区元岡744番地

Email: suzuki.dai.670@m.kyushu-u.ac.jp

 

Dai SUZUKI, Ph. D.
Assistant Professor

Institute of Decision Science for a Sustainable Society

Kyushu University

Motooka, Nishi-ku, Fukuoka, 819-0395 Japan

 

学歴

平成17年 3月 東京水産大学  水産学部  資源育成学科 卒業

平成20年 3月 京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士前期課程 修了

平成23年 3月 京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士後期課程 修了

 

職歴

平成17年11月から平成18年 3月まで

  京都大学大学院 理学研究科 教務補佐員

平成23年 4月から平成24年 9月まで

  東京海洋大学 海洋科学部 学術研究員

平成24年10月から平成26年 1月まで

  九州大学大学院 比較社会文化研究院 学術研究員(特任助教)

平成24年10月から平成25年 3月まで

  帝京科学大学 非常勤講師(講義名 両棲・爬虫類学:爬虫類学担当)

平成26年 2月から現職

  九州大学 持続可能な社会のための決断科学センター 助教

 

専門・研究テーマ

カメ類の進化史および保全に関する研究

 体に大きな甲羅を持つカメは、私たちに馴染みのある生物のひとつであり、トカゲやヘビ、ワニといった爬虫類の仲間です。カメ類の歴史は長 く、今から2億年以上前の古い時代に祖先が生まれています。現在の地球上では300種以上が生息しており、海から河川や湖沼、熱帯雨林からサバンナ、乾燥 地帯まで様々な環境に適応しています。その一方で、近年の自然環境破壊の影響で多くの種が生息地を失われており、食料やペット目的の乱獲による影響も受 け、絶滅が危惧されるものも少なくありません。さらに、最近では人為的に持ち込まれた外来生物による影響も数多く報告されてきています。

 私は、このような長い歴史を持つカメ類の進化の道筋を明らかにするために、DNA解析をメインに研究に取り組んでおります。さらに、個体数が減少し、希少になりつつあるカメ類の保全に対しても貢献していきたいと考えています。

研究業績

原著論文(査読付き)

  1. Suzuki, D., Fuse, K., Aizu, M., Yoshizawa, S., Tanaka, W. Araya, K., and Praxaysombath, B. (2015) Reptile diversity in food markets in Laos. Current Herpetology 34(2): 112–119.
  2. Suzuki, D. and Yamane, Y. (2015) Elaphe quadrivirgata (Japanese four-lined rat snake) diet. Herpetological Review 46(2): 273.
  3. Yoshizawa, S., Tachi, T., Praxaysombath, B., and Suzuki, D. (2015) A new species of the genus Pygophora Schiner from Laos (Diptera: Muscidae). Zootaxa 3920(4): 586–592.
  4. Suzuki, D., Yabe, T. and Hikida, T. (2014) Hybridization between Mauremys japonica and M. reevesii inferred by nuclear and mitochondrial DNA analyses. Journal of Herpetology 48(4): 445–454.
  5. Suzuki, D. and Hikida, T. (2014) Taxonomic status of the soft-shell turtle populations in Japan: a molecular approach. Current Herpetology 33(2): 171–179.
  6. Near, T. J., Dornburg, A. Tokita, M., Suzuki, D., Brandley, M. C. and Friedman, M. (2014) Boom and bust: ancient and recent diversification in bichirs (Polypteridae: Actinopterygii), a relictual lineage of ray-finned fishes. Evolution 68(4): 1014–1026.
  7. Suzuki, D., Miyamoto, T., Kikawada, T., Watanabe, M. and Suzuki, T. (2014) A leech capable of surviving exposure to extremely low temperatures. Plos One 9(1): e86807.
  8. Yamauchi, T., Nishibori, T. and Suzuki, D. (2012) First report of Ozobranchus jantseanus (Hirudinida: Ozobranchidae) parasitizing the exotic red-eared slider Trachemys scripta elegans in Japan. Comparative Parasitology 79(2): 348–349.
  9. Suzuki, D., Ota, H., Oh, H-S. and Hikida, T. (2011) Origin of Japanese populations of Reeves' pond turtle, Mauremys reevesii (Reptilia: Geoemydidae), as inferred by a molecular approach. Chelonian Conservation and Biology 10(2): 237–249.
  10. Suzuki, D. and Hikida, T. (2011) Mitochondrial phylogeography of the Japanese pond turtle, Mauremys japonica (Testudines, Geoemydidae). Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research 49(2): 141–147.
  11. Suzuki, D., Brandley, M. C. and Tokita, M. (2010) The mitochondrial phylogeny of an ancient lineage of ray-finned fishes (Polypteridae) with implications for the evolution of body elongation, pelvic fin loss, and craniofacial morphology in Osteichthyes. BMC Evolutionary Biology 10: 21.
  12. Yamauchi, T. and Suzuki, D. (2008) Geographical distribution of Ozobranchus jantseanus (Annelida: Hirudinida: Ozobranchidae), in Japan. Medical Entomology and Zoology 59(4): 345–349.

 

その他報文等(査読無し)

  1. 鈴木大・中原亨・藤原敬大. (印刷中インドネシア,バリ島の鳥市場におけるカメ類の販売事例. 亀楽.
  2. 鈴木大・菅野一輝・岡山嵩大・田中亘・布施健吾. (印刷中) 屋久島におけるニホンイシガメおよびミシシッピアカミミガメの分布記録. 爬虫両棲類学会報.
  3. 鈴木大 (2015) ニホンイシガメとクサガメの異種間交雑. 亀楽 10:1–5.
  4. 鈴木大・會津光博・菊水研二 (2015) アライグマの食害を受けたと考えられるニホンイシガメ. 爬虫両棲類学会報 2015(1): 15–17.
  5. 鈴木大 (2015) 遺伝的変異に基づくスッポン日本列島集団の特徴について. クリーパー 72: 27–31.
  6. 小泉有希・鈴木大・西海望・岡本卓・吉川夏彦・西川完途 (2014) 第3回東アジア脊椎動物種多様性国際シンポジウム参加およびベトナム北部フィールド調査報告. 爬虫両棲類学会報 2014(1): 24–32.
  7. 和智仲是・鈴木大 (2013) カンボジア・プノンペンでのミシシッピアカミミガメ幼体販売の一例. 亀楽 5: 10.
  8. 鈴木大 (2012) クサガメ日本集団の起源. 亀楽 4: 1–7.
  9. 鈴木大 (2012) 日本に生息する淡水性カメ類の保全活動. 理科教室 55(10): 68–69.
  10. 鈴木大 (2012) 心臓の健康維持に関する課題. 食品と容器 53(10): 621–623. (抄訳:原題The Heart of Heart Health. Prepared Foods 181: 2–12.)
  11. 鈴木大 (2012) 有機農産物は健康へ通じるか? 食品と容器 53(9): 565–567. (抄訳:原題Is the Pathway to Health Organic? Food Engineering 66: 26–33.)
  12. 鈴木大 (2012) 遺伝的変異から見たニホンイシガメの進化史と日本産クサガメの外来性について. クリーパー 61: 47–57.
  13. 鈴木大・疋田努 (2011) ニホンイシガメの地理的変異. 亀楽 2: 4–5.
  14. 鈴木大 (2010) クサガメ. 生態工房会報. 18: 7.
  15. 疋田努・鈴木大 (2010) 江戸本草書から推定される日本産クサガメの移入. 爬虫両棲類学会会報 2010(1): 4146.

 

書籍関連

  1. 森哲・西川完途・鈴木大 (監修) (2016) 学研の図鑑LIVE 爬虫類・両生類. 学研プラス, 東京. 232p.
  2. クリス・マティソン (著)・森屋利夫・駒野谷肇 (訳)・鈴木大 (監修). (2012) アゴヒゲトカゲ百科事典. スタジオタッククリエイティブ, 東京. 208p.

 

招待講演

  1. 鈴木大. 日本列島産淡水性カメ類の系統地理学研究. 2Qecoセミナー. 201587. 福岡県福岡市. 九州大学.
  2. 鈴木大. 日本固有種ニホンイシガメの危機. –外来生物アライグマやミドリガメによる被害. 九州大学大学院地球社会統合科学府セミナー「外来種や危険生物とどう向き合うか?」. 2015721. 福岡県福岡市. 九州大学.
  3. 鈴木大. 遺伝的変異からみた日本列島の淡水性カメ類について. 動物系統学セミナー臨時ゼミ. 2014424. 京都府京都市. 京都大学.
  4. 鈴木大. クサガメ日本集団の外来性について. ニホンイシガメシンポジウム 〜絶滅の危機にあるニホンイシガメ〜. 2012129. 東京都武蔵野市. 日本獣医生命科学大学.
  5. 鈴木大. 亀の進化とヒルの共生. 112回水科学研究会. 20111217. 東京都港区. 東京海洋大学.
  6. 鈴木大・太田英利・呉弘植・疋田努. 遺伝的変異に基づくクサガメ日本個体群の起源の推定. 49回日本爬虫両棲類学会大会シンポジウム: 日本の両生類・爬虫類における生物多様性の現状と保全. 2010109. 神奈川県横浜市. 慶応義塾大学.
  7. 鈴木大. ニホンイシガメの系統地理・ニホンイシガメとクサガメの両種間における交雑の遺伝学的検証. 30回東邦大学理学部 TREEセミナー. 201017. 千葉県船橋市. 東邦大学.

 

学会等における研究発表

口頭発表(英語)・Oral Presentations

  1. Suzuki, D., Fuse, K. and Praxaysombath B. Reptiles sold at Laotian food markets. The 3rd International Symposium on East Asian Vertebrate Species Diversity. JSPS AA Science Platform program. 13–15th September 2013. Hanoi, Vietnam.
  2. Hikida, T., Okamoto, T., Suzuki, D., and Takeuchi H. Recent Systematic Studies of the Reptiles in Japanese Archipelago – Genetic Variation and Speciation. The 2nd International Symposium on East Asian Vertebrate Species Diversity. JSPS AA Science Platform program. 27–29th July 2012. Kyoto, Japan.
  3. Suzuki, D. and Hikida, T. Phylogeography of the Japanese pond turtle, Mauremys japonica (Testudines, Geoemydidae), using genetic and morphological characters. The 3rd International Symposium of the Biodiversity Global COE Project. 24–25th July 2009. Kyoto, Japan.

 

口頭発表(日本語)

  1. 鈴木大・會津光博・黒江美紗子・疋田努. 東寺における外来種アカミミガメ駆除後の淡水性カメ類の生息状況について. 54回日本爬虫両棲類学会大会. 2015125–6. 千葉県船橋市. 東邦大学.
  2. 鈴木大・會津光博・疋田努. 東寺の境内に生息するカメ類の種構成の変遷 —1972年と2014年の比較より. 2回淡水ガメ情報交換会. 20141220–21. 千葉県船橋市. 東邦大学.
  3. 鈴木大・會津光博・疋田努. 東寺における淡水性カメ類種構成の変遷. 53回日本爬虫両棲類学会大会. 2014118–9. 兵庫県神戸市. 神戸山手大学.
  4. 鈴木大・布施健吾・會津光博・吉澤聡史・田中亘・荒谷邦雄・Bounthob Praxaysombath. ラオスの食料市場で売られていた爬虫類. 5回九州両生爬虫類研究会大会. 2014215. 長崎県長崎市. 長崎大学文京キャンパス.
  5. 荒谷邦雄・三島達也・吉澤聡史・會津光博・鈴木大. インドシナのコガネムシ上科に関する最近の知見. 61回日本昆虫学会九州支部大会. 20131130. 長崎県長崎市. 長崎大学文京キャンパス.
  6. 鈴木大・會津光博・曺炯柱・菊水研二・西田伸・疋田努. マイクロサテライト解析に基づくニホンイシガメの集団遺伝構造. 52回日本爬虫両棲類学会大会. 2013112–3. 北海道札幌市. 東海大学札幌校舎.
  7. 鈴木大. 遺伝的変異からみたニホンイシガメとクサガメの進化史. 13回日本カメ会議. 20111210–11. 埼玉県大里郡寄居町. 埼玉県立川の博物館.
  8. 疋田努・鈴木大. 亀と甲の方言地理. 93回日本方言研究会研究発表会. 20111021. 高知県高知市. 高知大学.(査読有り)
  9. 鈴木大・矢部隆・野呂達哉・疋田努. 外来種ハナガメによる遺伝的撹乱. 50回日本爬虫両棲類学会大会. 2011108–10. 京都府京都市. 京都大学.
  10. 疋田努・鈴木大. 日本産カメ類の方言地理. 50回日本爬虫両棲類学会大会. 2011108–10. 京都府京都市. 京都大学.
  11. 鈴木大・宮本智子・黄川田隆洋・渡辺学・鈴木徹. ヌマエラビル(Ozobranchus jantseanus)における耐凍性. 56回低温生物工学会大会. 201177–8. 岩手県盛岡市. いわて県民情報交流センター.
  12. 疋田努・鈴木大. 淡水性カメ類の方言. 47回日本動物分類学会大会. 201163–5. 沖縄県中頭郡西原町. 琉球大学.
  13. 鈴木大・太田英利・Hong-Shik Oh・疋田努. 遺伝的変異に基づくクサガメ日本個体群の起源の推定. 46回日本動物分類学会大会. 201065–6. 東京都新宿区. 国立科学博物館分館.
  14. 鈴木大・矢部隆・疋田努. ニホンイシガメとクサガメの異種間交雑の遺伝学的検証. 48回日本爬虫両棲類学会大会. 2009117–8. 奈良県天理市. 天理大学.
  15. 鈴木大・矢部隆・疋田努. ニホンイシガメとクサガメの交雑の影響について. 11回日本カメ会議. 2009829–30. 大阪府茨木市. 大阪府茨木市天王公民館.
  16. 疋田努・鈴木大. 江戸時代の本草学書からクサガメの移入時期を推定する. 45回日本動物分類学会大会. 2009613–14. 愛知県名古屋市. 名古屋港水族館. 
  17. 鈴木大疋田努. ミトコンドリアDNAに基づくニホンイシガメの系統地理学. 47回日本爬虫両棲類学会大会. 20081025–26. 栃木県宇都宮市. 栃木県総合教育センター.
  18. 宮本智子鈴木大川井清司渡辺学鈴木徹. ヌマエラビルの耐凍性に関する報告. 54回低温生物工学会大会. 2008613–14. 石川県野々市町. 石川県立大学.
  19. 鈴木大・疋田努. ニホンイシガメの系統地理学的研究. 日本動物学会近畿支部研究発表会. 2008524. 京都府京都市. 京都大学.
  20. 鈴木大. ミトコンドリアDNAから見たニホンイシガメの地理的変異について. 9回日本カメ会議. 200784–5. 千葉県船橋市. 東邦大学.

 

学会ポスター発表(英語)・Poster Presentations

  1. Suzuki, D., Aizu, M., Noro, T., Yabe, T., and Hikida, T. Interspecific hybridization between Mauremys japonica and M. sinensis inferred from molecular approach. The 8th World Congress of Herpetology. 2016. 8. 15–21. Hangzhou, China.
  2. Suzuki, D., and Kuroe, M. Core site report from Ito Campus, Kyushu University: Seasonal movements of the Japanese pond turtle and mammals. The 5th Joint Symposium between Kyushu University and University of Tokyo, GCOE Asian Conservation Ecology. 2014. 2. 8–9 Fukuoka, Japan.
  3. Suzuki, D., and Kuroe, M. Core site report from Ito Campus, Kyushu University: A new record of ozobranchid leech Ozobranchus jantseanus and distribution pattern of badger Meles meles anakuma sett. The 4th Joint Symposium between Kyushu University and University of Tokyo, GCOE Asian Conservation Ecology. 2013. 2. 9–10 Fukuoka, Japan.
  4. Suzuki, D., Yabe, T. and Hikida, T. The crisis of losing the genetic integrity of the Japanese pond turtle, Mauremys japonica. The 4th International Symposium of the Biodiversity Global COE Project. 2010. 9. 11–12 Kyoto, Japan.
  5. Suzuki, D. and Hikida, T. Phylogeography of the Japanese pond turtle, Mauremys japonica, based on mitochondrial DNA. The 2nd International Symposium of the Biodiversity Global COE Project. 2008.11.21-22 Kyoto, Japan.
  6. Suzuki, D. and Hikida, T. Phylogeography of the Japanese pond turtle, Mauremys japonica. The 1st International Symposium of the Biodiversity Global COE Project. 2008.3.19-20 Kyoto, Japan.

 

学会ポスター発表(日本語)

  1. 細谷忠嗣・三島達也・吉澤聡史・井手竜也・會津光博・藤井智久・Gabriel Alonzo Carreira・加藤啓祐・和智仲是・浦志知恵・田口大輔・高木大司・鈴木大・石川善朗・舘卓司. 九州大学伊都キャンパス生物多様性保全ゾーンにおける2012年度実習ピットフォールトラップ調査〜甲虫類〜(予報).第5回日本甲虫学会大会. 20141122–23. 岡山県倉敷市. 倉敷市立自然史博物館・倉敷市立美術館.
  2. 鈴木大・疋田努. ミトコンドリアDNA塩基配列に基づくスッポン属の分子系統. 51日本爬虫両棲類学会大会. 20121110–11. 愛知県豊田市. 愛知学泉大学.
  3. 鈴木大・疋田努. ニホンスッポンPelodiscus sinensis日本集団の遺伝的変異. 14回日本進化学会大会. 2012821–24. 東京都八王子市. 首都大学東京.
  4. 鈴木大・矢部隆・疋田努. 外来種クサガメによる日本在来種ニホンイシガメへの遺伝的撹乱. 12回日本進化学会大会. 201082–5. 東京都目黒区. 東京工業大学.
  5. 鈴木大土岐田昌和. ポリプテルス類の分子系統 -ボディープランの進化を探る-. 10回日本進化学会大会. 2008822–24. 東京都目黒区. 東京大学.
  6. 鈴木大土岐田昌和. ポリプテルス類の系統と形態進化. 9回日本進化学会大会. 2007831–92. 京都府京都市. 京都大学.

鈴木 大's groups