上妻 潤己's profile picture 上妻 潤己

Member of 決断科学

About me

  • First name: Junki
  • Last name: Kozuma
  • Display name: 上妻 潤己

研究テーマ

地方自治を勉強しています。コミュニティにおける自治やコミュニティの持続性について研究しています。

自己評価

組織研修ワークショップ@佐伯市 報告

 やよい生姜加工業者部会では生姜の加工品商品の開発を行っている。お菓子屋、パン屋、お茶屋等さまざまな業者が加入しているらしい。旧弥生町では4年程前から生姜による地域おこしを掲げている。お話によれば4年程前の弥生地区振興局局長からの強い提案、要望があり、それに応じて生姜を栽培し製品開発をするようになったということであった。生姜は戦後直後においてはこの地区の特産品とも言えるくらい多く生産されていた。防空壕を生姜の保存場所として用いていたそうです。しかし、その後から現在に至るまでそれほど生産はされていないということであった。高知県の生産量が全国で1番ということだった。インタビューした方も,自身もそれ以前は生姜生産を行っていた農家ということではなく、局長からの提案を受けてから作るようになったということであった。現在の商品としては生姜のバター餅、生姜ポン酢、生姜ティ、ジンジャーシロップなどがあるようである。道の駅やよいの物産館にも並べられている。

 現在の悩みや課題として挙げられていた中の一つとして、生姜の安価で安定の確保ができないということであった。地元の生産業者との調整がうまくいっておらず、加工品として扱うような低質で安価な生姜を一定量確保することができない状態にあると話していた。それは、地元の農家の生姜を高値で売りたい要望と衝突したり、生姜による地域づくりへの理解が進んでいなかったりすることが原因として考えられる。また、生姜収穫後の保存施設がない、ということも挙げられていた。以前は防空壕に保存するという方法があったが現在はそのような場所が少ないとおっしゃっていた。