対馬調査

2017/04/30 - 05/02

対馬島の水田地帯において調査を行いました.その結果,ツシマサンショウウオ,ツシマアカガエル,タカハヤ,クロヨシノボリ,シマヨシノボリ,ゴクタクハゼ,ウグイ,モクズガニなどを確認しました.九州本土では一般種であるアカハライモリとサワガニは一切確認されないのは興味深かったです.対馬には独特の生物地理や地史があるうえ,ツシマヤマネコなども分布しているため,本土とは違った水田生物多様性保全のあり方を考える必要があると考えらました.(鹿野)