韓国済州島実習

2016/11/25

統治モジュールでは、11月下旬、韓国済州道で4日間、海外実習を実施しました。
  主な調査内容は、特別自治道である済州道の開発と観光の問題、島の中心地の中で廃れてきている旧都心の活性化取り組み、集落2〜3が連携しておこなうまちづくり圏域事業の事業完了後の現状や課題などに関することでした。昨年にひきつづき、同じところを違う学生と訪れましたが、まちづくり事業後に補助金がない中で、どのようにまちづくりを続けているのかに関して、継続的な調査ができました。まちづくりにおいて、補助金がない中で、持続可能性を考えることはシビアな問題だと思います。今回、訪問した地域はリーダーやまちづくりを担うグループの人々の理念などによって様相は違っていまして、比較対照も行いました。